飛騨高山でラジコンするなら「モンデウスRCサーキット」!

2018 年度レギュレーション

レース参加費他
レース参加費 成人男性(18歳以上)
◆エントリー数制限なし  2,000円
(ビッグタイヤクラスのみエントリーの場合は500円)

女性・高校生まで
◆無料! 高校生までの方は学生証を掲示にて無料 
タイムスケジュール 受付開始    8:00
受付終了    8:30
ミーティング  9:00
ボランティア  9 : 10
予選開始   10:00
(7時〜9時まで練習走行可能)
表彰式終了      16 : 00 

※タイムスケジュールは変更になる可能性があります。 
ポンダーについて

◆当レースではMylaps製のRC4デコーダーを使用していますので、対応したマイポンダー(2本線、3本線)を各自ご準備下さい。
(若干数のレンタルポンダーあります。ポンダーをお持ちでない方はレースエントリー時にお申し付け下さい)
(レンタルポンダー代 300円)

クラス別レース方法 ◆全クラス、予選はベストラップ、決勝は周回レース

◆ビッグタイヤクラス
予選3分×2ヒート、決勝各メイン5分×1ヒート

◆バギークラス、ミニクラス、DDクラス、ツーリングスポーツクラス
予選3分×2ヒート、決勝各メイン10分×1ヒート 

◆ツーリングEXPクラス
予選3分×2ヒート、決勝各メイン8分×1ヒート

◆GPツーリングクラス
予選3分×2ヒート、決勝Aメイン15分×1ヒート・Bメイン以下10分×1ヒート 


クラス別レギュレーション

EP:ビッグタイヤクラス シャーシ ◆ワイルドウイリー等のタミヤ製ビッグタイヤウイリーシリーズ
(WR02、CW01、GF01など)
◆タミヤ製ビッグタイヤ6輪(G6-01コングヘッドなど)
ボディ ◆自由
タイヤ 

◆タミヤ製ウイリー用ビッグタイヤ、または他社のウイリーシリーズ用ビッグタイヤ

モーター ◆自由
ギヤ比 ◆自由
ESC ◆自由
車両重量 ◆制限なし
バッテリー ◆自由

EP:バギークラス シャーシ ◆各車バギー、ラリー用シャーシ
◆2駆、4駆
ボディ ◆バギーシャーシはバギー用ボディ
◆ラリーシャーシはラリー車にふさわしいボディ
タイヤ 

◆バギーシャーシはバギー用タイヤ
◆ラリーシャーシはタミヤ、京商などから発売されているラリー用タイヤ

モーター ◆自由
ギヤ比 ◆自由
ESC ◆自由
車両重量 ◆制限なし
バッテリー ◆自由

EP:ミニクラス シャーシ
◆各社Mクラスシャーシ
◆2輪駆動限定。
◆キット標準状態からのモーターの搭載位置変更など、著しい自作改造は禁止。
◆Mシャーシベースの各社コンバージョンキットは使用可能。

ボディ
◆各社Mクラス用スケールボディ。
◆プロトフォーム製PFM-12、ブリッツ製P1又はそれに類するボディーは使用禁止。
◆ウイングの追加などの改造は禁止。

タイヤ

◆各社Mシャーシ用ゴムタイヤに限る。 
◆グリップ剤の使用は禁止!(オイル系の「ラスペネ」などのグリップ剤の代用品も禁止)
◆クリーナースプレーはO.K。
◆インナーは自由。
タイヤウォーマー使用禁止。

モーター
◆市販のブラシレスモーター21.5T以上。
◆タミヤ製Mシャーシ各種の場合、17.5T以上。
◆当サーキットで使用するタイヤの回転数計測器にて5000回転以下。(タムタム岐阜店様で使用しているものと同一の計測器)


ギヤ比
◆制限なし。

ESC
ノンブースト、ゼロタイミングの状態で使用する事。
◆ブラシレス用は、ノンブーストの設定状態が外から分かる物が望ましい。
◆無改造で使用する事。

車両重量 1,250g以上(ポンダー搭載状態)
バッテリー
◆7.2vニッカド、ニッケル水素。
◆6.6vリフェ、7.4vリポ、7.6VLi-HV。
◆コネクターの変更は可。
※バッテリーの取り扱いは、各自の責任の元、十分注意して下さい。


EP:ツーリングスポーツクラス シャーシ
◆各社1/10ツーリングカー又はドリフトカーとして発売されているもの。
◆2駆、4駆どちらでも可。
◆サスペンションは4輪独立懸架である事。 

ボディ
◆ツーリングカー用又はドリフトカー用として発売されているスケールボディ(実車が存在する)
タミヤ製「ライキリGT」は使用可能。
◆ウイングは、ボディから車幅、全高をはみ出してはならない。(ボディ付属のウイングの場合はこの限りでない) 

タイヤ

◆モンデウスRCサーキットで販売する下記3種類の接着済コントロールタイヤ使用(使用する硬度をその都度指定する)4本セット2400円(税込)
2輪駆動車の前後タイヤ硬度は自由とするが、車検までに使用タイヤの硬度を決定、申請する事。
予選〜決勝を通して1セットのみ使用可能。

破損して使用不可能になった場合、もう1セット購入可能。
 ・カワダ CT41A361 プリマウントタイヤKM36
 ・カワダ CT41A321 プリマウントタイヤKM32
 ・カワダ CT41A241 プリマウントタイヤKM24
◆グリップ剤の使用は禁止!(オイル系の「ラスペネ」などのグリップ剤の代用品も禁止)
◆クリーナースプレーは使用可能。
タイヤウォーマー使用禁止。

モーター
◆市販のブラシレスモーター17.5T以上。(タミヤ製センサー付ブラシレス15.5Tは使用可能)
◆タミヤ・ライトチューン
◆540系(SH、J)
当サーキットで使用するタイヤの回転数計測器にて6500回転以下。(タムタム岐阜店様で使用しているものと同一の計測器)

ギヤ比
制限なし 

ESC
◆ブラシレス用はノンブースト、ゼロタイミングの状態で使用する事。
◆ブラシレス用は、ノンブーストの設定状態が外から分かる物が望ましい。
◆無改造で使用する事。

車両重量
◆2WD車は制限なし
◆4WD車は1450g以上
重量は、走行可能状態で計測装置(ポンダー)搭載状態での重量です。

バッテリー
◆7.2vニッカド、ニッケル水素。
◆6.6vリフェ、7.4vリポ、7.6VLi-HV。
◆コネクターの変更は可。
※バッテリーの取り扱いは、各自の責任の元、十分注意して下さい。


EP:DDクラス シャーシ
◆各社1/10F1用として発売されているもの。
◆各車1/10WGT用として発売されているもの。
◆後輪駆動、ダイレクトドライブ(DD)である事。 
◆後輪駆動、ダイレクトドライブであれば自作シャーシも可。

ボディ
◆市販のF1用、WGT用として発売されているもの。

タイヤ

◆F1用、WGT用として発売されているもの。(ゴム、スポンジ)
◆グリップ剤の使用は禁止!(オイル系の「ラスペネ」などのグリップ剤の代用品も禁止)
◆クリーナースプレーはO.K。
◆ゴムタイヤのインナーは自由。 

モーター
◆市販のブラシレスモーター21.5Tまで
(6.6vリフェバッテリー使用に限り、ブラシレスモーター17.5Tまで可)
◆タミヤ・ライトチューン、フォーミュラーチューン
◆カワダ35T GTストックモーター(M11350)
◆540系(SH、J)

ギヤ比
◆制限なし。

ESC
◆ブラシレス用はノンブースト、ゼロタイミングの状態で使用する事
◆ブラシレス用は、ノンブーストの設定状態が外から分かる物が望ましい。
◆無改造で使用する事。

車両重量 制限なし
バッテリー
◆7.2vニッカド、ニッケル水素。
◆6.6vリフェ、7.4vリポ、7.6vLi-HV。
◆コネクターの変更は可。
※バッテリーの取り扱いは、各自の責任の元、十分注意して下さい。


EP:ツーリングEXPクラス シャーシ
◆各社1/10ツーリングカーとして発売されているもの。
◆2駆、4駆どちらでも可。
◆サスペンションは4輪独立懸架である事。

ボディ
◆ツーリングカー用又はドリフトカー用として発売されているボディ。
◆ウイングは、ボディから車幅、全高をはみ出してはならない。

タイヤ

◆モンデウスRCサーキットで販売する下記3種類の接着済コントロールタイヤ使用(この中から自由に選択する事が出来る)4本セット2400円(税込)
予選〜決勝を通して1セットのみ使用可能。
破損して使用不可能になった場合、もう1セット購入可能。
 ・カワダ CT41A361 プリマウントタイヤKM36
 ・カワダ CT41A321 プリマウントタイヤKM32
 ・カワダ CT41A241 プリマウントタイヤKM24
◆グリップ剤の使用は禁止!(オイル系の「ラスペネ」などのグリップ剤の代用品も禁止)
◆クリーナースプレーは使用可能。
◆タイヤーウォーマー使用可能。

モーター
自由
(ブラシレス13.5T位を推奨します) 
ギヤ比
制限なし

ESC
制限なし

車両重量 ◆制限なし
バッテリー
◆7.2vニッカド、ニッケル水素。
◆6.6vリフェ、7.4vリポ、7,6vLi-HV。
◆コネクターの変更は可。
※バッテリーの取り扱いは、各自の責任の元、十分注意して下さい。


GP:ツーリングクラス シャーシ
◆各社1/10GPツーリング用として販売されているもの。

ボディ
◆京商ピュアテン用、又は各社GPツーリング用として販売されているもの。 

タイヤ

◆各社ツーリングカー用ゴムタイヤ、スポンジタイヤに限る。
グリップ剤の使用は禁止!(オイル系の「ラスペネ」などのグリップ剤の代用品も禁止)
◆クリーナースプレーはO.K。
◆インナーは自由。

エンジン
◆側方排気2stは15エンジンまで。
◆後方排気2stは12エンジンまで。 

マフラー
◆市販品を無改造で使用する事。
◆消音効果が十分なものを装着する事。
(音の大きな物は主催者側で判断し、走行禁止となる場合があります)
燃料
◆市販のニトロ16~20%含有RCカー用を使用する事。
燃料タンク
◆75cc以下の燃料タンクを使用する事。 

車両重量
◆1,700g以上。
◆燃料は空の状態の重量。
◆指定重量は、走行可能状態で計測装置(ポンダー)搭載状態での重量です。